読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEET株式会社のアラサー男子が人生について考えてみた

NEET株式会社のスクイッドが人生に役立ちそうなことについて綴ります

これからは当たり前のことに疑問を持とう

NEET株式会社 スピリチュアル 心理学 生き方

f:id:squid-mind:20161024145243j:plain

 

 

時代の変化に突入する中で、今までの常識が覆っていくと思います。

陰謀論は得意分野ではないですが、ネットで検索すると冷静かつ合理性のある説が展開されており、この世界は薄っぺらい虚構の上に存在していることを認めざるを得ません。

改めて言うまでもなく、主要メディアはご都合主義な情報しか流していないため、世界各地の緊迫した状況を伝えて、国民の意識を高めようという気は毛頭ないようです。


しょうもないバラエティ、知りたくもない血生臭い事件、食べ物や様々な商品を売り込むための仕掛けなど……。

自覚的に生きていたら、見向きもしないような情報がうんざりするほど垂れ流されています。

いわゆる大衆意識が常識であるとするなら、そんなものは嘘っぱちだと思いますし、いつもよりスパイス多めな内容で書いていこうと思いますw

 

一つ目のテーマ:世界情勢は緊張状態にある

 

ドイツ銀行の話題が世間を騒がして久しいですが、経済以外でも色々ときな臭い動きが出ています。

日本の一般的なメディアはあまり取り上げないものの、調べれば調べるほどにマジかと思うような情報が見つかります。

それについて知っていくと、テレビは何を流してたんだろうという疑問が浮かんでくるはずです。

 

シリア問題の諸々、フィリピンの大統領による脱アメリカ宣言など。

こういった情報が広がりやすいのはネットの強みだと思います。

絶対的な正義がない以上、情勢を見極める必要がありそうです。

 

二つ目のテーマ:洗脳されてる人は自分から洗脳されているとは言わない

 

日本で生まれ育った以上、どれだけテレビ嫌いを自負しても、それまでの影響を完全にゼロにすることは難しいと思います。

なので、僕自身も何らかのかたちで思考に影響を受けているはずです。

しかし、そういったことを認められない人というのは、頑なに聞きいれることなく、あたかも自己意思に則って判断しているかのように振る舞います。


人間の性質上、見聞きしたものの影響が全くないということはありえないでしょう。

昼の番組でとんかつを見れば、夕飯がとんかつになる可能性は高まりますし、テレビで持て囃されていれば信頼がおけそうな気持ちになります。

民放がスポンサーのお金で回っている以上、視聴者の利益は一番のはずがないのに、テレビが絶対と言い切れるのか怪しいところです。

 

三つ目のテーマ:朝の占いコーナーは適当すぎる

 

洗脳と同じく意識されにくいことですが、言葉には暗示の力があります。

だからこそ、CMのキャッチフレーズは念入りに考えられた一言が添えられたりしています。

さて、暗示ということで、みなさんはテレビで朝の占いを見たりしますか?


僕自身は、朝の番組自体を見ないようにしているので、最後はいつだったのか覚えていませんw

あの手の占いは精度も減ったくれもないのに、なぜかその一日を占うかのような印象を与えますよね。

当然ですが、占いの内容に信ぴょう性があるかどうか分かりませんし、かといって全く無意味なものなら流していないはずです。

 

認知科学者である苫米地さんの受け売りではありますが、テレビで宗教的なことを流布するのはモラルに反する以上、当たるのかどうかよく分からないものを流すのはオカルトであり、やめるべきということになります。

不特定多数の人が見るわけですし、テレビという媒体の暗示性を考えたら、同じく暗示性のある占いを流すのは好ましいとは言えません。

本来は、見る側が自主的に判断するのが理想ですが、好ましくないものは好ましくないので、目的が謎である占いコーナーは流すべきではないと考えます。


あと、補足として占いの力が借りたい時は、算命学や四柱推命のような統計学的占いの方が役に立ちます。

いわゆる、大○界に近い天中殺や空亡を知っておくだけでも、身の振り方の参考になるはずです。

 

思いつく範囲で書いてみましたが、これ以外にも色々なことがあります。

今までトンデモ扱いされていたことが真実味を帯び始めるので、この先には面白いことが待っていると期待しようと思います。

アセンションを迎える中で急転直下だったり、思わぬかたちで日の目を見る出来事が増えていくんでしょうね。