読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEET株式会社のアラサー男子が人生について考えてみた

NEET株式会社のスクイッドが人生に役立ちそうなことについて綴ります

親の考えなさいという言葉には失敗するなというメッセージが潜んでいる

NEET株式会社 心理学 生き方 本の話

f:id:squid-mind:20161018232105j:plain

 

日本自体がそういう傾向なのか分かりませんが、予防線を張ったり、失敗を許さない親というのはけっこういるような気がします。

これを一言で済ませるなら、寛容さが足りないとか余裕がないという話になるのかもしれません。

ただそれでは、記事が三行で終わってしまうので、自身の体験も交えながら掘り下げていきます。

 

失敗から多くを学ぶのに、初めから厳しいのはナンセンス

 

ここで、目先を変えるために例え話をします。

あなたはテニス初心者です。テニスを習おうと思って、近所のテニススクールに通い始めます。

ラケットの持ち方から教えてくれるコースと聞き、安心した気持ちでレッスン初日を迎えました。


スポーツの経験はあるものの、テニスはほぼ未経験なため、グリップの握り方さえよく分からず、少し戸惑いながらコーチのレッスンを受けていました。

実際にボールを打ち始めた時、ホームランや空振りばかりでしたが、初めての体験が楽しくてそんなことは気になりませんでした。

やがて、レッスンの途中でコーチが打ち方について指導を始めました。


自分はビギナーだから仕方がないと思いつつ、細かいアドバイスを適当に聞き流しながら、再びボールを打つ順番がきます。

しかし、アドバイス通りに打てないことが気にくわなかったようで、コーチは球出しをやめてまで、フォームの修正を要求してきました。

そして、あなたはへとへとになりながらレッスンを終え、帰り際に受付で時間帯の変更を申し出ました。


頭にはこんなことがよぎります。

「初めてのレッスンなのに、どうして完璧さを要求されなくちゃいけないの?」

 

誰でも、初めてやることは完璧にできなくて当たり前です。

しかし、完璧主義であったり、問題のある親からの教育、あるいは学校では、「初めから完璧にできること」が要求され、一定のスパンでそれをこなすことができなければ、落伍者の烙印を押されます。

当然ですが、このような育て方をされれば、失敗は恐ろしいという認識を持つようになり、できるかぎりリスクをとらない生き方を選ぼうとします。

 

・・・そうなんです。

このスタイルは、従順な羊を量産する方法であり、社畜マインドを刻み込むのに効率がいいという皮肉な側面を持っています。

そして、「よく考えなさい」という言葉には、「完璧に計画して失敗を防ぎなさい」というもう一つの意味が隠されているのです。

 

はたして、これだけ変化の大きな時代にあって、失敗のリスクを100%回避する方法なんてあるのでしょうか?

使い古された言葉ではありますが、「絶対に失敗しない方法=何もしないこと」という結論にしかなりません。

あるいは、失敗という感覚を無視して、自棄的に行動することにつながりやすくなります。


誠に残念ながら、すでにそうしちゃってる親をどうこうしようとしても、時間がかかりますし、他人の話に耳を傾けるほど器がでかいとも思えませんw

そのため、そういう接し方(育て方)をされた場合に、どう立ち直っていくのかについて、この先で触れていきます。

 

f:id:squid-mind:20161018232725j:plain

 

こういうのは認知行動療法が効果的かも

 

療法という言葉が出た途端に、「べつに病んでないんだけどw」という声が聞こえてきそうですが、心理療法としてだけでなく、思考整理術としても優れたツールだと考えています。

僕自身は、本から取り入れたレベルで本式ではないですし、自分が試してみた方法にすぎないことをお伝えしておきます。

まず、ポイントとしては……。

・無意識に避けていないか

・頭で考えすぎていないか

・人の目を気にしすぎていないか

・そもそも、ホントに注目されているのか

・メリットとデメリット、リスクを理解しているか

・それらに客観性はあるか

・好きな気持ちだったり、~したいなどの自発的なエネルギーは湧いてくるか

 

これらをピックアップした上で、その失敗を恐れる必要があるのか吟味してみるといいと思います。

また、自分の安全圏からはみ出して行動することも出てくるため、どこかで思い切りが必要になる場合があります。

ここで尻込みしすぎてしまうと、根幹のテーマの「失敗を恐れること」から抜け出せないので、小さな一歩からでも変えていきたいところです。


自分を変えようとする時、勢い込んでガラッと変えるイメージを持つ人もいるかもですが、それだと心の反動が大きくなるので、あまりおすすめしません。

これまでに何度か経験していますが、意識が変化する時は内面が模様替えをするような状態になるので、一時的に感情が揺れやすくなったり、情緒不安定になることがあります。

そのため、唐突に180度変化させようとすると、意識下で防衛反応が生じてしまい、上手くいきにくいはずです。


この反応は、環境が大きく変わるとストレスになるのと似ているような気もします。

それでも、失敗を許されなくて窮屈だった過去を解消できれば、のびのびと生きられることは間違いありません。

もしも、「そんなことあるはずがない」、「どうせダメに決まってる」という声が聞こえるのであれば、それは内面化された誰かの声である可能性が高いことをお伝えしておきます。

 

マンガで見る認知行動療法

kindle unlimitedを満喫してたら、たまたま出会った本です。

漫画というストーリー性を活かしながら、認知行動療法のことが分かりやすく書かれています。入門編として読むのに最適な一冊だと思います。