読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEET株式会社のアラサー男子が人生について考えてみた

NEET株式会社のスクイッドが人生に役立ちそうなことについて綴ります

スピリチュアルが胡散臭くてキモいとされるのはなぜか

スピリチュアル 生き方 アニメ

f:id:squid-mind:20161018075220j:plain

 

キモいという単語は嫌いな言葉の上位に入るんですが、便宜上使ってみました!

いわゆる大衆向けの情報って、テレビや新聞、今時ではネットニュース辺りだと思います。

大多数の人はそういった情報を見ることで、いわゆる多数派の考え方、言い方を変えれば常識(コモンセンス)とは何かというのを判断しているはずです。

 

逆を言うならば、そこで色物やトンデモネタ、嘲笑の対象として扱われていれば、自分の頭で考えることなく、そして抵抗&良心の呵責もなく、批判したり、蔑んだりします。

それで、「そうする理由は?」と問われれば、多くの口からは「テレビで言ってたから」という、非常に頭の悪い答えが返ってくるわけですw

頭が悪いとはどういうことかというと、自分の頭で考えてないということです。

 

じゃあ、テレビの情報はそんなに信用が置けるものなのかとなりますが、この問いへの答えは、みんなが見てるからなど、多数派であることが論拠になるという抽象的な道理になると思います。

例えば、どう見ても超絶ブサイクな動物がテレビで、「最近流行りのキモかわいいペット」と紹介されたとします。

すると、不思議なことに、一般消費者は流行に乗り遅れまいとして、何となく買った方がいい気分になって、気がつけば家で飼うようになります。

 

本当の洗脳とは(陰謀論かw)

 

それでまあ、家で飼うまでは買った方がいいと思っていたはずなのに、しばらく飼うとそのブサイクさに気づいてしまうわけです。

この段階というのがある種の集団催眠、言い方を変えるなら洗脳が解けた段階になります。

そもそも、良識ある人ならそんなアホな釣りに引っかからないということも相まって、飼う気が失せた人は誰かに押しつけようとしたり、時にはどこかへ捨てようとさえします。

 

いやいや、さすがに捨てはしないでしょ~と僕も思いかけたんですが、最初に興味を持った際に、「みんなが持っているから」というしょうもない動機であるため、手放すことに躊躇いが生まれにくいんですよね。

ここまで仮定の話で書いたものの、ペットブームにおいても同じような背景があってもおかしくないと思います。

スピリチュアルがテーマなのに、集団心理的な話になっていたので、続いて本題に戻ります(笑)

 

スピリチュアルとは面白いもので、興味関心のある人とそうでない人というのがはっきり分かれていて、好き嫌いもはっきりしていることが多いように思います。

野球は好きかと聞かれて、好き、嫌い、どっちでもないという回答に分かれるのに比べて、スピリチュアルの場合は、どっちでもないという答えは少なくなると予想します。

では、なぜスピリチュアルは胡散臭くてキモいのでしょうか?

 

興味のない人をリサーチするのは楽しそうではないので、想定できる理由をいくつかあげてみました。


オーラの泉や江原さんのイメージが強く、トンデモ臭がする。

・よく分からないが、高価なツボを売られそうな気配を感じる。

・スピリチュアルについて語る人が胡散臭い。

・そもそも、宗教がキモい。

・ていうか、宗教っぽい。

・浮世離れしていて痛い。

エビデンスがなく信じられない。


……ネット掲示板の書き込みっぽくなってしまいました!

 

逆説的になりますが、スピリチュアルや精神面のことがもう少し普及したらどうなるかというのを参考までに書いてみます(個人的な見解です)。


鏡の法則、世界の循環に目が向くため、無闇に他人を傷つけなくなる、個人団体を問わず不正を働く者が減る。

・同じ理由で、ブラック企業、ペットビジネス、性ビジネス、などにおける搾取の構造が大幅に減少する。

・善の性質が底上げされるため、戦争や紛争から個人間の諍いまで、争う意識が前面に出ることが減少し、建設的な解決を図ることが推奨される。

 

ねえねえ、いいことずくめなのに、なんでそうなってないの?

 

二つ理由があるとすれば、そうなると困る人がいるというのが一つ。

もう一つは、頑なに信じようとしない人がいることです。

陰謀論は専門じゃないので、そんなに掘り下げません(笑)

 

スピリチュアルって色々な捉え方がありますし、多くの側面を持っています。

穿った見方をする人、思い込みや未知を恐れる人、知恵がなく考えることを放棄した人から見れば、とんでもない考え方に見えるのかもしれません。

しかし、そういった人たちは、どういった概念があり、どんな背景があるのかを知ろうとせず、感情論で否定しているように見受けられることもしばしばです。

 

 

f:id:squid-mind:20161018080438j:plain

 

 

ただ、興味がない人たちに伝えようとしても、受け入れてもらうのは難しいところがありますし、押しつけようとするのは本来の目的から離れることにつながります。

そのため、人生のどこかの場面で、頭だけで考えても足りないこと、お金だけが全てではないことなどを知る機会に出会ってもらえたらいいかな、ぐらいなスタンスでいます。


及び腰に見えるかもしれませんが、時代と地球の変化がスピリチュアルな気づきを促してくれますし、必ずしも悲観的な状況ではないと捉えています。

本来は誰にでも、アセンデッドマスターやハイアーセルフ的な存在とのパイプはあるはずなんですが、左脳型社会(教育)、物質主義が当たり前になりすぎた結果、放置された雨水管状態になっています(笑)


例えば、僕自身はチャネリングという言葉にオカルト臭を感じていたものの、インスピレーションや直感は何らかの存在からメッセージを受け取った結果で、それもチャネリングに含まれると聞いて、腑に落ちることがありました。

また、幸いなことに、現代人の落ち葉や泥が詰まったパイプでも、多少は機能するようになっているようです。

 

脳でいうと、松果体という箇所がスピリチュアル的な要素と関わりがあるため、ここを活性化するとそっち方面のエネルギーが回復したり、能力が発揮されやすくなると言われています。

一般的な人はここの機能が制限されていて、能力やエネルギーが休眠状態になる原因に……あれ、なんだかこの仕組み、何かに似てないか?

じつは皆さん大好きな衛宮の士郎くん(知らない人はググるべしw)が魔術回路を使いこなせるようになったくだりや、強化→投影に切り替わった流れと重なる部分があります。

 

 

フィクションは現実のメタファーである


名作「Fate/stay night」の主人公、衛宮士郎は魔術回路という魔力の供給源であり通り道的なものを使いこなせず、遠坂凛(一流の魔術師)というヒロインに出会うまで、自己流かつ不完全な方法をとっていました。

しかし、物語が進むにつれ、本来の能力や特性を発揮できるようになり、チートに近い強さを表すようになります。

まず、魔術回路と松果体が被るという部分が一つ目のメタファーです。

 

二つ目は、彼が強化という物質の強度を高める魔術を練習していたものの、本来は投影という任意の物質を無から生み出す魔術に特化していたことに気づくという流れです。

強化→従来型の努力、積み上げ式。頭で計算したことを計画通りに進めようとする。

投影→本来の意識の使い方。意識が物事を動かし、生み出すことを暗に示している。

 

スピオタが恣意的解釈をすると、松果体を本来の状態に戻し、正しい意識の使い方をして、望む現実を作り出そうというメタファーになるということです!

おそらく、作者の奈須きのこ氏は意図してない……と思います(スピリチュアルに通じていると聞いたことはない)。

大事なことは、別にそういう目的で書かれていないのに、本質的に同じことを表現しているところにあると思います。

 

 

f:id:squid-mind:20161018080756j:plain

 

 

おそらく、松果体を元気にして、意識の使い方を思いだし、理想の現実を作り出そうって言われても、速攻で思考のシャッター閉じちゃいますよね!

これは、ベルセルクにおける宗教に関する描写でも共通した部分があります。

ストレートに宗教のこういうところが負の歴史で、社会のひずみはこれこれこういうことですよって言われても、退屈すぎて聞きたくないと思います(笑)

 

それで、作者の意図はいったん脇に置いといて、それだけ社会的に認知されるような作品のインスピレーションがどこからくるのかっていう話になるわけです。

悪感情を煽るような作品はともかく、大事なことを思い出させる系ならば、何らかのかたちで高次の存在が関わっていてもおかしくないはずです。

ていうか、この世界(宇宙)の全てに意識の世界がつながっているんですが、規模がでかかったリ、象徴的な何かは特に波動やエネルギーの量が高い傾向にあるんじゃないでしょうか。

 

長々と書きましたが、これ系の記事は結論が一緒になってしまうんですよねw

ホントにスピリチュアル的(神仏、まっとうな宗教含む)なものがまやかしだったら、これだけ多くの人間の心をいい意味で感化することなんてできないということです。

補足として、複雑な話に落としこまずにメンタルな側面からみた場合、スピリチュアルの要素をバランスよく取り入れることは、心の平穏につながります。

 

もしかしたら、興味を持った人がいた時のために補足しておくと、情報を集めるだけでなく、浄化を進めることを強くプッシュします。

意外と盲点になりがちですが、掃除は浄化にも効果があります。

エネルギーの通りが良くなってからは、掃除前と後で部屋の空気の変化を実感しやすくなり、掃除の重要性を感じるようになりました。

 

汚部屋の住人のままでは、ハズレ情報を引いてしまう可能性が上がりそうですし、波動も下がったままなので、まずは掃除から始めてはいかがでしょう。

あとは、湯船に塩か清酒を入れたり、意識の高い人に話題のきよら石鹸もおすすめです。

言葉遣いや意識(思考)の持ち方に注意が払えると、なおよいかと思います。

 

スピリチュアルという言葉にとらわれすぎず、自己啓発や心理学みたいな感じで、よりよい生き方につなげるための考え方ぐらいでちょうどいいんじゃないでしょうか。

豊かで穏やかに、自分本来の人生を生きる。

道はいくつか分かれていても、目的はそこにあるのだと思います。

 

 

現在、ココナラで文章全般の創作をサポートするコンシェルサービスを提供しています。

小説の執筆やノベルゲームの製作など創作を総合的にサポートするサービスで、感想やアドバイスをお伝えしたり、アイデア出し、創作にまつわる相談ごと等を承ります。

よろしくどうぞw 

 

文章全般の創作をサポートするコンシェルサービス