読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEET株式会社のアラサー男子が人生について考えてみた

NEET株式会社のスクイッドが人生に役立ちそうなことについて綴ります

ネガティブより、ポジティブより、ベストなのはバランス思考!

 

おはようございます、NEET株式会社のスクイッドです!

 

前向きに物事を捉えた方が色々と上手くいきそうですが、何事もバランスが大事だと考えています。

言うまでもなく、どちらにもメリットデメリットがあるからです。

 

ポジティブ思考には、推進力などのエネルギーがある反面、勢いだけで突き進んでしまうデメリットがあります。

ネガティブ思考には悪い面だけでなく、慎重に物事を見極めようとする側面があります。

 

 

f:id:squid-mind:20160522083422j:plain

  

過去に「ポジティブな人だけがうまくい3:1の法則」という本が出版されており、その中にポジティブとネガティブの黄金比が登場します。

タイトル通り、ポジティブが3に対し、ネガティブが1という比率です。

当然ですが、ネガティブが勝ってしまうと悲観的になりやすいので、これぐらいがちょうどいいんじゃないかなと思います(笑)

 

 

ポジティブな影響を受けるのはいいことばかりではない?

 

人は何かに影響を受けると、極度なポジティブに陥ることもありますが、この状態は反動があるので、いいことばかりではないですね。

 

簡単な例をあげて説明していきます。

恒常性といって、人の体には体温を一定に保つ機能がついており、精神状態にも同じ作用が働いています。

そのため、通常はネガティブ寄りな人が急激にポジティブに偏ると、元の状態に戻す力が働くために、時間差で気持ちが沈むという現象が起きます。

 

恒常性がある以上、ネガティブからポジティブに転換しようと思ったら、一気に変わろうとせず、じっくり取り組んだ方が成功しやすいと思います。

ネガティブになるのって、ちゃんと理由があるはずです。

親から愛されなかった、子どもの頃にいじめられた、などなど。


そんな感じなので、ポジティブに陽転する過程では、自分の見たくない部分も見えちゃうのかもしれません。

ただ、そこを通過すれば、安定感を得ることも可能になるはずです。

これまでの人生経験がそれぞれの人を作り上げているので、自らの負の部分も認めつつ、前向きに生きることが大事だと思います。


最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

 

↓ご意見やお仕事の依頼はこちらまで

お問い合わせフォーム