読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEET株式会社のアラサー男子が人生について考えてみた

NEET株式会社のスクイッドが人生に役立ちそうなことについて綴ります

期待値を下げるとストレスが減るらしい

f:id:squid-mind:20161224222838j:plain

 

数日前、苫米地さんの本(題:薔薇色脳)にわりといいことが書いてあったので、それをテーマにしてみる。

タイトルそのままに、期待値とストレスの関係について。

本の中では、レストランで10分後と言われた料理が30分経っても出てこなくて、イライラする女性の話が取り上げられていた。

 

それに対する答えは、「期待値が高すぎたのならそれを修正すればいい」という話だった。

どういうことかというと、10分で出てくるだろうという期待があって、それが30分経っても出てこないからイライラする。

だから、わたしの期待が高すぎたと修正して、怒りの要因を外側に設定するのではなく、自分の側に置くということだ。

 

この辺の説明はあんまり上手くないので、自身の具体例を元に解説したいと思う。

 

先日、とあるジョ○サンに親しい知人と訪れる機会があった。

そこは接客対応が素晴らしく、ファミレスとは思えないほどのホスピタリティを発揮してくれた。

この時も踏まえ、僕の中でジョ○サンの評価は高めだった。

 

それからしばらくして、わりと近所のジョ○サンに行く機会があった。

ここはチェーン店というよりも、ローカルな喫茶店のような雰囲気を感じさせた。

 

注文が決まってから、安定のホスピタリティを発揮してくれるだろうと、期待を抱きながら呼び出しベルのボタンを押した。

簡単に注文を済ませてから、何となくしっくりこない印象が残った。

いや、席を案内された時点から少しもやっとしていた(笑)

 

ス○バもこの辺は平均点が高いなと思うところに、接客言葉が丁寧なだけでなく、それが心からのものであるように感じさせてくれるところだ。

しかし、このジョ○サンでは、あまりそのような印象は受けなかった。

この時、ちょうど期待値とストレスについて知ったところだったので、早速取り入れてみることにした。

 

・・・結果、ストレスは軽減された!

 

この場合、言うまでもないところはあるものの、「どのジョ○サンも押しなべて完璧である」という期待値を修正することがポイントになる。

つまり、「そうでない店舗もあるし、過剰な期待を抱いていたのは自分だったか、あちゃ~」という感じだろうか(笑)

 

たしかにそういう視線で見ると、そこまで丁寧でなくても、あまり気にならなくなってくる。

そもそも、決して丁寧さに欠けるわけではなく、それまでのジョ○サン像に比べてモヤるだけで、ファミレスとしては十分に合格点なレベルだろう(どこ目線w)

 

そんなわけで、人が絡む時は期待を下げることをおすすめする。

日本人はとかく完璧主義に陥りやすいところがあるため、他にも完璧さを求めてしまう時もある。

そういう時こそ、「期待をかけすぎちゃった、あちゃ~」、こんな感じでいいはずだ。

 

 

アメブロもやってます!

どちらかというとこちらがメインです。 

  

薔薇色脳~悩みが1分で解決できる人生好転50のメソッド

好きなことや長所は直感と試し打ちで見つける

f:id:squid-mind:20161214224130j:plain

 

このスキルでバリバリ稼げるぜ~!

というほどではないものの、文章系の依頼で小刻みに収入が発生している。

(ココナラやランサーズが中心+初心者向けに小説の書き方教室を主催)

 

今では文章っぽいものが書けるようになったわけだが、小中高と読書感想文や作文は得意な方ではなかった。

そんな自分が経たプロセスをざっくりと書きながら、好きなことや長所につなげるにはどうするかというテーマについて私見を述べてみる。

 

あれはきっと何となくな衝動

 

昔からヴィジュアル系ロックバンドが好きで、自分でギターが弾けるようになったら思っていた。

実際にギターを手に入れたのは高校生の時で、まともに練習を始めたのは二十代前半の時だった。

 

ギターに関しては、簡単なフレーズと少しばかりコードを覚えただけで、あまり上達することはなかった。

しかし、その延長で始めた作詞が長いスパンでかたちになっていった。

 

簡単にその流れを書いてみると、

 

作詞には詞を書くための曲が必要という壁に直面

作曲を覚えるよりも文章だけで成立させようと小説を書き始める

ちょっとした成果が出せたり、収益を生み出すことに成功

ブログ中心で発信したいことを書き続ける←今ここ

 

明確にいけそうな感じとまではいかなかったけれど、直感的なやりたい気持ちは実感していた。

おそらくそうでなければ、自分で作曲するなり、違うことを始めるなりしていただろう。

 

Bプラン=試し打ち

 

創作関係は直感が頼りになったものの、10年以上熱中したテニスはそうではなかった。

中学時代に経験者がいない部活として、ソフトテニス部を選び、部活終了後は家族がやっていることで硬式テニスを始めた。

 

最初のうちはスパルタなばかりで面白くも何ともなかったw

しかし、打てるようになるにつれて面白くなってきた。

こればかりは「やってみて分かったシリーズ」に分類される。

 

というわけで、長所なり好きになれることには、直感で判断できる場合と試して初めて分かる場合の2パターン(もしくはそれ以上)があることに気づく。

 

ふと冷静になると、直感は人によって感じ方が違うと思うので、普遍的なキャッチの仕方というのはないように考える。

あえて言葉にするならば、何となく気になる、自然と興味を惹かれるなどになるのだろうか。

 

そんな感じで今回はこの辺で。

 

 

アメブロでもブログを更新中】

 

NEET株式会社的シェアハウス生活in梅島

f:id:squid-mind:20161203125356j:plain

 

足立区の梅島で生活を始めてかれこれ3週間がたつ。

初めの頃は都会の冷たい風に吹き飛ばされるのかと不安を感じていたものの、なんやかんやで今の生活を満喫している。

とりあえず、北千住のスタバで食べたオレンジクランベリースコーンが美味しかった。

 

こちらに来てからのハイライトは、NHKの教養番組から取材を受けたことだった。

このシェアハウスに東北の大学生を招き入れて、様々なテーマについて意見を交換したり、考えていることを発信したりした。

これまで当社は何度かメディアに露出しているものの、僕自身は初めての取材だったため、年明けの放送を楽しみにしている。

 

仙台貨物のトリプルニートという曲の中で、何をするわけでもなくただフラフラという歌詞が登場するが、普段はそのように過ごしていることが多い。

こちらにきて間もない頃は、何かをするというよりも環境になじむことが中心になっていた。

最近では通常モードで過ごせるようになり、活動に着手するのはこれからだと考えている。

 

ところで、つい先日までネット回線が通っていなかったため、何かと不便な部分が多かった。

今月の初めに開通したことで、メンバーがニコ生の配信を始めたりしている。

それまでスマホからブログを書いていたものの、やはりパソコンの方が書きやすい(笑)

 

f:id:squid-mind:20161203130806j:plain

出入り口付近に貼ってあるが、営業マンの在外ボードみたいだw

 

f:id:squid-mind:20161203131400j:plain

シェアハウス仲間が撮影した写真。50年以上ぶりの早さというのも印象的だった。

 

当社のフェイスブックページでも普段の様子がご覧になれる。

https://www.facebook.com/neetbe/